山元式新頭鍼療法

著者:南 尊一郎

山元式新頭鍼療法

YNSA(山元式新頭鍼療法)とは

宮崎県の医師「山元敏勝」先生によって考案されたこの技術は、世界では非常に有名な治療法です。脳梗塞・脳出血・麻痺等の中枢性疾患・腰痛・肩こり・膝の痛み・しびれ・めまい・耳鳴りなどの様々な疾患に非常に有効なことが、世界中で認められています。

著者について

南 尊一郎 administrator

慢性的な腰や肩の痛みや痺れの鍼治療専門家。祖母が脳血管疾患で半身麻痺になり、YNSA治療法で回復していく姿に感動し鍼治療家となることを決意する。創始者の山元先生主催の勉強会でお会いしたYNSA藤沢操体診療所の遠山先生に師事し指導を受ける。鍼による症状の改善だけでなく日常的にできる筋肉トレーニングの指導をしています。当院では体だけでなく、心のケアも大切であると考えており、カウンセリングを丁寧に行うよう心がけています。

2 件のコメント

田原 泉投稿日:9:54 pm - 1月 18, 2018

母は肝臓と認知症があります
最近、満腹中枢がダメになっているのか満腹感がなく空腹の訴えが強くなっています
針治療でのダイエットをききますが、針治療のたいしあにはならないでしょうか?

    南 尊一郎投稿日:9:19 am - 1月 19, 2018

    田原様
    コメントありがとうございます。
    お母様の肝臓・認知症・ダイエットに関しては鍼治療の対象になります。
    詳しく見させていただければ簡単な食事療法や運動療法も提案できます。
    ぜひ一度ご来院ください。

コメントを残す