毎日の調子を整える方法2

著者:南 尊一郎

毎日の調子を整える方法2

疲れが抜けない、体の調子が悪いは「オキシトシン」不足かも

体がだるい、疲れが抜けない、慢性の肩こりや腰痛・関節痛などの症状が取れない、何をしても満足できない、うつ病などの不定愁訴、もしかしたら「オキシトシン」不足が原因かも。

オキシトシンは別名「愛情ホルモン」「包容ホルモン」「幸せホルモン」といわれています。2014年4月5日のNHKスペシャルで「あなたを変身させる!細胞が出す魔法の薬」としてオキシトシンが取り上げられていました。

オキシトシン は視床下部の室傍核と視索上核の神経分泌細胞で合成され、下垂体後葉から分泌されるホルモンであり、主に平滑筋の収縮に関与し、分娩時の子宮収縮をさせるホルモンです。また乳腺の筋線維を収縮させて乳汁分泌を促すなどの働きを持つ。このため臨床では子宮収縮薬や陣痛促進剤をはじめとして、さまざまな医学的場面で使用されてきています。

しかし最近になって、オキシトシンが上記だけでなく、母性行動や社交性、好奇心の促進、母性本能の強化、親子間の絆を感じる、友愛・親愛・愛情・幸福感・信頼感の情が沸く、他者に対する好奇心、良好な友人関係、社交性などが高まります。その他にもストレスを抑え安らぎの感情を感じることで、血圧の低下、心拍の減少による興奮の抑制、ストレスホルモンの血中濃度の減少によるストレス軽減作用。その他学習効率を高めるなどの働きもあります。

さらに前項に述べたセロトニンにも深く関わっておりオキシトシンが働く場所(受容体)は、脳のセロトニン神経の神経細胞にあります。オキシトシンが分泌されると、セロトニンの働きが活発になり、脳の状態が安定し、心に平穏をもたらします。また、自律神経を整えてくれる作用もあるため、うつ病などの不定愁訴のほか様々な体の不調の改善につながります。

これだけ素晴らしいオキシトシンですが日本ではあまりなじみがありません。海外ではオキシトシンの点鼻薬が売られているほど普及しています。しかし日本ではそれを手に入れるには個人で取引するしかなくお金も時間もかかります。ではどうしたらよいのでしょうか。

「オキシトシン」を出す簡単な方法   

  1. 感動する。感動は「心」が「感じ」て「動く」と書きます、恋愛小説や映画、ドラマなどを見ましょう。
  2. 好奇心を持つ。停滞は毒です、新しいことに挑戦してみましょう。
  3. 他人に触れ合う。好きな人や友人、家族ペットなど。
  4. 親切行動をする。他者に必要とされていると感じると出やすい
  5. 一人で食事をしない
  6. 夜は10時から12時までに眠る。
  7. 夕食後はパソコンを操作しない。
  8. 夜は携帯電話で長話をしない。眠る場所の近くに携帯電話を置かない。
  9. 朝日を浴びる(15分以上を目安に)。
  10. 朝と夕方に30分程度歩く(あるいはジョギング、サイクリング、スクワットなどのリズム運動を30分程度)。
  11. 鼻で腹式呼吸をする。 一日の中で何回か5分程度、腹式呼吸をする。夜寝る前に10分が最も効果的。
  12. 家族団らん。
  13. 夫婦、恋人とのふれあい。
  14. 感情を素直にあらわす。
  15. オキシトシンの原料になるたんぱく質を多く摂取する。肉類、卵、魚介類など

オキシトシンが十分に分泌されると心理的・精神的ストレスを緩和し、心身が解きほぐされ、脳と心の疲れを癒し、満たされた気持ちになれます。その他心肺機能の上昇、血圧の抑制、慢性疾患の改善、うつ病など不定愁訴の改善など。

どれか一つでもいいのでぜひやってみてください。

体に関する疑問質問ありましたら当院にご相談ください

ご予約は047-460-9418まで。

著者について

南 尊一郎 administrator

慢性的な腰や肩の痛みや痺れの鍼治療専門家。祖母が脳血管疾患で半身麻痺になり、YNSA治療法で回復していく姿に感動し鍼治療家となることを決意する。創始者の山元先生主催の勉強会でお会いしたYNSA藤沢操体診療所の遠山先生に師事し指導を受ける。鍼による症状の改善だけでなく日常的にできる筋肉トレーニングの指導をしています。当院では体だけでなく、心のケアも大切であると考えており、カウンセリングを丁寧に行うよう心がけています。

コメントを残す